読売新聞 2006年(平成18年)5月31日(水曜日)



Windowをとじる





※以下の内容は記事と全く同じ内容をテキストで書き写したものです。

・読売新聞(平成18年5月31日掲載)
◆ほのぼの@タウン◆〜相模原市 友人の紹介でステキな女性と音楽に出会った。市内に住むトロンボーンのソリスト、鈴木加奈子さん(26)。〜
幼いころから音楽が好きで、中学生の時にめぐりあったトロンボーン。その力強い音色にあこがれ、祖父に買ってもらって手にすると、離れがたい相棒になった。
「ずっと吹き続けていられて幸せ」。笑顔でそう語る鈴木さんが奏でる音色は温かみがあり、心を癒してくれる。
鈴木さんには弱視のハンデがあった。しかし、それを持ち前の明るさと勉強熱心さではねのけ、音楽大学を首席で卒業した。
その後のパワフルな活動ぶりには、さらに驚かされる。市内に音楽教室を開く一方、コンサートや福祉の講演などに飛び回っている。
トロンボーンというと、男性が演奏する楽器のイメージがある。女性で細身の鈴木さんはさぞかし大変だろう。
本人も「肺活量と腕力が必要。私の左腕の筋肉はすごいですよ」と苦笑する。持たせてもらうと、確かに重い……。3`もあるという。演奏中は立ちっぱなしで、まさに体力勝負。
熱心なのはトロンボーンばかりでなく、パソコンも独学で習得。音声読み上げソフトを使って、自分のホームページ作りや、楽譜の作成もこなす。
その両目は今、光を感じられる程度になってしまった。でも、夢は限りなく続く。
「盲導犬を連れて全国を演奏して回り、聴く人に勇気を与えたい」。そんな鈴木さんが作った曲は「Dream☆」。音楽だけでなく、生き方そのものに勇気をもらった。
2人組の音楽ユニット「BORN」のメンバーとしても活躍する鈴木さん。次回のコンサートは、12月22日、橋本の「杜のホールはしもと」で開かれる。
 (栗原弘恵)